アコムの審査に通らない理由

キャッシング・カードローンの体験談と知識

派遣で働いていて、残業の有無などによって給料の変動が激しいので、お金が必要になったときのためにカードローンを作っておこうと思いました。銀行系のカードローンが金利もお得で信頼もありそうなので、いくつか申し込んでみたのですが、すべて落ちました。それどころかクレジットカードなんかも全滅でした。なぜ審査に通らないのかといろいろ調べてみました。派遣やアルバイトでも一定の収入があれば通るはずなのに。

 

調べてみて原因がわかりました。

 

どうやら過去にクレジットカードの延滞で強制解約されていたことが原因だったようです。延滞だけならまだしも、強制解約されると、保証会社が代位弁済するので良くないみたいです。

 

「延滞」よりも「強制解約」とか「代位弁済」はさらに悪いみたいですね。さて、このような状態を俗に金融ブラックと呼びますが、一度ブラックになってしまうと完済から5年間は情報が残ってクレジットカードやカードローンの審査に通らなくなるみたいです。

 

そこで、ブラックでも借りられる金融機関を探していたところ、消費者金融なら可能性があるという記事を見つけました。(ex.10万円借りるなんてこともできます。)

 


そこで、消費者金融のアコムの無人契約機に行ってみました。無人契約機の部屋に入ると、オペレーターと電話がつながって、基本的なことを聞かれたり、免許証をコピーしてもらったり、収入証明証を出したりしました。

 

さて、肝心の審査ですが、なんと審査に通りました。その後即カードを発行してもらえて、すぐに融資が可能となりました。全部で30分もかからなかったと思います。噂はほんとうでしたね。過去にクレジットカードの強制解約があっても、現在の返済能力があるなら貸してもらえるようです。

投資と金

株式投資の世界は、誰もがもうけようと思ってこの世界に足を踏み入れてきます。

 

しかし、そこでお金を儲けることができた人の中にも二種類の人がいます。

 

金を使う人と使わない人です。前者は、金をもうけて使うために投資しています。そのため、金は使うためにあると思っています。しかし、後者の場合は、金をもうけることが目的になってしまっているので、もうけた金は使うことなくまた株式を購入するためだけに使われることになります。

 

つまり、後者にはもうけることが目的なのだから、お金を使うという発想はないのです。そのため後者の方の場合は、株式投資をやめるまで投資金額を膨らました投資をし続けることになるのです。
彼らは、もうけることが楽しく楽しくてしょうがないので、ますます投資にのめり込み株式投資に精を出すことになるのです。

 

こういうの投資家は株式投資でもうかったお金を使うことなく再投資し続けることができるタイプなので、投資成績はたとえ並みの投資家以下だったとしても、毎年少しづつ金をもうけて何十年以上かけて金融資産を増やした努力型凡人投資家のとなるのです。

 

このように、株式投資とはお金が儲かったからといってそのお金で好きなものを購入するのではなく、さらに株式を購入することでより利益を上げたほうが最終的にはかなりの金融資産を築くことができるので、株式投資とはお金を使うことを目的に株式投資をやるのではなく、お金をもうけることを目的として投資を楽しめるようにならなければならないと思います。

page top